広域連合について

概要

広域連合長あいさつ

「東三河はひとつ」を合言葉に東三河8市町村(豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、田原市、設楽町、東栄町、豊根村)は、平成27年1月30日、東三河広域連合を設立いたしました。

東三河広域連合は、これまでそれぞれの市町村で行っていた事務の共同処理を進めるほか、単独の市町村では実施が困難であった新たな連携事業、さらには、国や県からの事務権限の移譲に向けた取り組みにも積極的にチャレンジしてまいります。そして、東三河の「地域力」と「自立力」を高めながら、将来にわたって「成長する広域連合」を目指してまいります。

これから先、人口減少が進むなど大変厳しい時代を迎えることになりますが、皆で支え合いながら、新たな魅力と活力の創造に努め、「誰もが真の豊かさを実感できる地域」の実現に向け、全力で取り組んでまいります。

今後、全国に発信できる広域連合を目指し、東三河8市町村が、それぞれの個性と魅力を発揮しつつ、一丸となって取り組んでまいりますので、皆様方のご支援ご協力をよろしくお願いいたします。

組織概要

名称 東三河広域連合
所在地 〒440-0806
愛知県豊橋市八町通二丁目16番地(豊橋市職員会館4階)
設立年月日 平成27年1月30日
構成市町村 豊橋市・豊川市・蒲郡市・新城市・田原市・設楽町・東栄町・豊根村

設置目的

  1. 新たな地方行政のトップランナーを目指します

    全国に例のない総合的な広域連合を設立し、さまざまな広域的な課題に取り組みます。こうした取り組みを通し、東三河から全国に向けて新たな地方行政の形を発信します。

  2. 東三河がスクラムを組んで地域力を高めます

    東三河8市町村は、自然や農業、観光など、それぞれが魅力的な特徴を持っています。そんな東三河を将来にわたってさらに発展させるために、これまで以上に一致団結して「地域力」を高めます。

取り組みのねらい

  1. 東三河に新たな魅力と活力を創造します

    これまで単独の市町村では実施が困難であった新たな連携事業に取り組み、東三河地域全体の振興に資する新たな広域行政を展開します。

  2. 権限の移譲を受け地方分権改革を進めます

    東三河地域の自己決定、自己責任に基づく分権型社会の実現を目指し、広域的な課題に地域が主体的に対応できるよう、権限移譲の受け皿となる体制を整え地方分権改革を進めます。

  3. 既存の事務を共同処理し効率化を図ります

    東三河8市町村がそれぞれ行っている事務を広域連合で一括して処理することで、行政サービスの水準を維持するとともに事務の効率化を図ります。

このページに関するお問い合わせ

  • 東三河広域連合 総務課
  • 住所: 〒440-0806 愛知県豊橋市八町通二丁目16番地(豊橋市職員会館4階)
  • 電話番号: 0532-35-6000
  • FAX番号: 0532-56-1555
  • メールアドレス: somu@union.higashimikawa.lg.jp